株映画

株の市場がどのように成り立っているのかイメージが付かないあなたの為にぴったりの映画を紹介しよう。
投資顧問の方やアナリストや専門家たちがお勧めする株を題材にした映画だ。
株を始める前に見て心が前として見ては如何でしょうか。
ちなみに私はこの映画はすべてみましたけど、ともて参考になりました。

おすすめの株映画を紹介します。

早速、おすすめの株映画を紹介させて頂きます。気付けなかった事や株投資の勉強になります。初心者の方や玄人の方でも楽しめる株映画を是非ご覧ください。きっと人生のターニングポイントとなる事でしょう。

株映画1 インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実

株映画-インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実
2000年、アイスランド政府は外資規制の大幅な規制緩和を行い、同時に国営3大銀行(アイスランド銀行、カウプシング銀行、グリトニル銀行)を民営化した。銀行は自国GDPの10倍近い1200億ドルを国外取引で借り入れ、アイスランドはバブル景気に沸いた。 たとえば投資会社Baugur GroupのCEOだったJ・A・ヨハネッソンは、銀行から多額の借金をしてロンドンの高級百貨店ハムリーズやハウス・オブ・フレーザーを買収したり、マンハッタンのペントハウスを購入した。しかしKPMGなどのアメリカの会計事務所は、アイスランドの金融機関に問題はないとし、ムーディーズなどのアメリカの格付け機関も高評価を与えた。金融監督機関も何もしなかった。そして2008年末、ランズバンキ銀行ほか大銀行が破綻すると、アイスランドの失業者は半年で3倍になった。
その頃アメリカではリーマン・ブラザーズとAIGが破綻し、世界各国が景気後退(グローバル・リセッション)に突入していた。

株映画2 ウォール・ストリート

株映画-ウォール・ストリート

ウォール・ストリート
ゴードン・ゲッコーはインサイダー取引と証券詐欺罪で8年の懲役の後出所した。その7年後、ウォール街で働くジェイコブ・ムーアが勤務するKZI社の株が突然急落し破綻する。経営者のルイスは自殺し、自社株に投資していたジェイコブも資産を失ってしまう。株価急落の原因は、投資銀行経営者のブレトンが、あらぬ噂を裏で振りまいていたことだと知る。ブレトンは自分の会社が危機だった時代、KZI社のルイスが援助を拒否したことを覚えていた。
ジェイコブは友人とともに、ゴードンの講演会に参加する。
会場を出たゴードンをつかまえ、自分がゴードンの娘ウィニーと交際していることを明かす。ゴードンも昔ブレトンに取引の情報を漏らされたことで、8年もの長い懲役を喰らったと考えていた。そしてサブプライムローンを発端とする金融市場の崩壊を予期していた。
ジェイコブはブレトンの会社に誘われ、ルイスの復讐の為に懐に飛び込んで働くことにしたが、投資方針が合わず、強く推していていたベンチャー企業への投資を反故にされる。そんな中、金融市場崩壊が始まった。状況をなんとかしたいジェイコブがゴードンに相談すると、ウィニー名義の大金がスイスの銀行口座にあることを打ち明けられる。ウィニーを説得してスイスへ飛び、その金を引き出すことに成功するが…

株映画3 キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け

株映画-キング・オブ・マンハッタン

キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け

ニューヨークの大物ヘッジファンドであるロバート・ミラーは、一代で莫大な富と名声を築き、家族にも恵まれ幸せな毎日を過ごしているかのように思われた。しかし、その裏ではロシアの銅山への投資に失敗し大損失を出してしまい、多額の負債を返済するためにスタンダード銀行に自社を売却する準備を進めていた。だが、その会合で銀行の代表メイフィールドは姿を見せず、友人への借金返済に困っているロバートは焦りを募らすのだった。
ロバートにはもう一つ秘密があった。それは愛人であるジュリーの存在だった。日々のストレスから眠れない夜を過ごすロバートは、深夜に彼女を誘って別荘に車を走らせる。だがその道中、彼の居眠り運転が原因で車はガードレールに接触。車は大きく横転し、助手席にいたジュリーは死亡。ロバートも大怪我を負ってしまう。しかも彼が離れた隙に車は爆発、炎上してしまうのだった。ロバートは車がジュリーのものだったことを良いことに、彼女が一人で事故を起こしたように見せかけようと、ロバートに恩がある黒人青年ジミーを呼び出しその場から立ち去る。
この事故を捜査することになった刑事ブライヤーは、現場に残されていた不可解な証拠や、付近の公衆電話近くで車に乗る男の姿を目撃したという情報から、ジュリーの隣には車を運転していた別の男性がおり、それがジュリーと不倫関係にあったロバートであるとの結論を導き出す。そして彼は捜査線上に浮かんだジミーの身柄を拘束し、事故が起こった夜についての尋問を始め、ジミーの線からロバートを追いつめようとする。一方ロバートは、会社の幹部であり実の娘であるブルックに負債の隠蔽工作が発覚してしまう。こうしてロバートは徐々に破滅へと向かって進んでいく。
ロバートはメイフィールドと直接対決し、好条件での売却を何とか決める。一方、大物であるロバートを何としてでも逮捕したいブライヤー刑事は、事件当夜にジミーが車を運転していたことを示す証拠写真を捏造していたのだが、ロバートによってその事実が暴かれたことから、判事はジミーに対する取り調べ自体を禁じ、結果としてロバートに警察の手が及ぶことはなくなる。
全てが丸く収まったかのように見えたが、一連の出来事で、ロバートは妻エレンだけでなく、ブルックからも完全に信用を失う。それでもミラー家は、公の場では「慈善家の名士」として振る舞う。

株映画4 ウォール街

株映画-ウォール街

ウォール街

証券会社に勤める主人公のパド。ニューヨークで生活する彼は忙しくはあれど、お金が一向に貯まらない。貧乏生活に飽き飽きしていた彼は、営業で天才的な投資家のゴードンの元に訪れる。
すでに専属のディーラーを持っているゴードンはパドの提案に全く持って興味を示さない。しかし、パドがブルースターという航空会社で働く父親から知った内部機密を漏らすとゴードンの顔色は変わり、パドに興味を示す。
それをきっかけにパドはゴードンから取引をしてもらえることに成功する。しかし、自分の父親から教えてもらったブルースターの内部機密以外の情報を何も持たないパド。ゴードンはこれからも取引をしたいのであれば、どんな事をしてでもインサイダー情報を持ってこいと提案する。
インサイダー取引がいけない事だとわかっていながらも、こんなチャンスを逃すわけにはいかないと思ったパドは、スパイ行為に励み、ゴードンとともに大金を手にしていった。
次第に彼らの関係は密になり、取引相手から家族ぐるみの付き合いをするようになる。貧乏生活からも脱出し、綺麗な彼女を手にし、自分の望んだような住まいにも住めるようになった。
しかし、パドは自分は一体何をやっているのだ?と疑問を持つようになる。
そんなときパドは経営不振に陥っていた父親の働いている会社、ブルースターを立て直そうと思いつく。ゴードンにこの話を持ちかけると、あまり乗り気ではなさそうだが、一緒にやってやるとの声をもらう。ゴードンとともにパドは父親の働くブルースターの経営陣と話す。
ブルースターの経営陣は、ゴードンの話す再建案に比較的肯定した反応を示した。しかし、パドの父だけがゴードンの言っていることは信用できない、彼は欲の塊であり、単なるお前の金儲けにしかならないと批判する。
息子の顔に泥を塗った父親にパドは激怒する。24年間働いてきた父親は尊敬するが、いつだって父さんは労働組合を大事にしてきた。僕と会社とどっちが大事なのと。父親は悲しい顔でパドをみる。
数日後。パドはゴードンが自分に嘘をついていたことを知る。彼はブルースターの再建など考えておらず、分解し、すぐに売ってしまってその利益を自分の懐に入れるつもりだったのだ。その事を知ったパドはゴードンの元に走り、訴えたがゴードンにうまく言いくるめられてしまう。
そんなパドの元に父親が心臓発作で倒れたという知らせが届く。
パドはベッドの上で横になっている父親に先日の言い分を謝り、ブルースターを絶対に立て直すことを約束する。
そこから、パドからゴードンへの復讐劇が始まる。

株映画5 キャピタリズム マネーは踊る

株映画-キャピタリズム

キャピタリズム マネーは踊る

住宅ローン延滞のために自宅を差し押さえられ、立ち退きを迫られている家族がアメリカ各地で続出している。マイケル・ムーア監督は、ギブ・アンド・テークのテークする(奪う)方がほとんどである現状こそ、キャピタリズム(資本主義)であると告げる。実際に、コンド・バルチャーズ(マンションのハゲタカ)を経営するフロリダの不動産会社は、差し押さえた住宅の転売で儲けている。1989年、ムーアは故郷でありGM(ゼネラル・モーターズ)創業の街・フリントを舞台に「ロジャー&ミー」を初監督した。GMは当時40億ドルの収益があったが、数万人のリストラを断行した。その20年後、GMは倒産した。ムーアは本社を訪ね、会長との面会を求めるが断られる。そこで、GMで33年働いた父と工場の跡地に赴く。アメリカの体制は民主主義ではなく、1%の富裕層が底辺の95%より多い富を持ち独占的に利益を得る社会という意味の“プルトノミー”だという説がある。今の若手科学者は学生ローンの返済のため、ウォール街に職を求める。そして、ハーヴァード大学経済学部の教授さえ説明できないほど複雑な金融商品を開発した。ムーアはその内容が分からず、元リーマン・ブラザーズの社員に尋ねるが、理解できない。住宅を担保に融資し、さらに再融資して利殖できるようにし、返済できなければ家を差し押さえるというサブプライムローンを、住宅ローン最大手のカントリーワイドは一般庶民に売りまくった。その結果、住宅ローンは焦げ付き、2008年9月15日、リーマン・ブラザーズが破綻する。株価は大暴落し、税金7千億ドルを不良債権の買い取りのために投入する救済法案が可決される。ムーアは議会監視員会の会長に7千億ドルの行方を聞くが、会長は分からないと答える。また、元ゴールドマン・サックス会長のポールソン財務長官に電話をすると、名乗った途端に切られてしまう。そこでムーアは大型トラックに乗り、金を返してくれとウォール街に突入する。

株映画6 マージン・コール

株映画-マージン・コール

マージン・コール

ウォール街のとある投資銀行で、非公表の大量解雇が断行された。即日退去を言い渡されたリスク管理部門の責任者エリック・デール(スタンリー・トゥッチ)は、「Be careful.(用心しろ)」という意味深な言葉を残し、USBメモリーを部下のピーター・サリヴァンに手渡した。その晩、USBのデータを分析したピーターは、会社のポートフォリオにおける不動産担保証券(MBS,いわゆるサブプライム商品)の価格変動率(Volatility)が、HV(ヒストリカル・ボラティリティ;過去のデータに基づいて算出した変動率)を上回る可能性があることに気が付いた。過度のレバレッジにより会社の資産が25%減少すれば、時価総額(Market cap)を上回る損失を負いかねない。すなわち、会社は総資産を超える損害リスクのある大量のMBSを保有している、という結論に達する。既に状況は逼迫しており、明日にもリスクが顕在化する危険があった。上司のウィル・エマーソン(ポール・ベタニー)とサム・ロジャース(ケヴィン・スペイシー)は緊急役員会の招集を進言する。会社の存亡の瀬戸際で役員達が導き出した結論は、市場が気付く前に全ての不良資産(Toxic assets)を早急に売りさばくことだった。サムは「無価値のものを誰にも知られないように売りぬく」という決定は、顧客や市場の信頼を失うことが明白であり、自分の信念に反すると社長に抵抗する。エリックも脅され会社に戻される。結局、取締役会の決定として出された指示を部下に伝達し、実行する。当然の事ながら自分もリストラされると覚悟していた。しかし、成し遂げたサムが聞いたのは「お前は生き残った」という言葉だった。「MBSを売り抜くことを指示した」自分の部下の多くが解雇されている中、自分だけ生き残ったことを知り、サムはいたたまれず社長に「辞める」という。

株映画7 マネーショート

株映画-マネーショート

マネーショート

2005年、へヴィメタルをこよなく愛する金融トレーダー・マイケル(クリスチャン・ベール)は、格付の高い不動産抵当証券の何千もの事例を調べていく中で、返済の見込みの少ない住宅ローンを含む金融商品[サブプライム・ローン]が、数年以内にデフォルト[債務不履行]に陥る可能性がある事に気付くが、その予測はウォール街の銀行家や政府の金融監督機関から全く相手にされずにいた。そんな中、マイケルは「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引に目をつけ、ウォール街を出し抜く事を画策するー。 同じ頃、ウォール街の若き銀行家ジャレット(ライアン・ゴズリング)は、マイケルの戦略を察知し、頭金なしで信用力の低い多くの低所得者に住宅ローンを組ませている大手銀行に対して不信感を募らせているヘッジファンド・マネージャーのマーク(スティーブ・カレル)を説得して「クレジット・デフォルト・スワップ」に大金を投じるべきだと勧める。 また、この住宅バブルを好機と捉え、ウォール街で地位を築こうと野心に燃える若き投資家の2人から、勝負を賭けるにあたり相談を持ちかけられるベン(ブラット・ピット)。今は一線を退いた伝説の銀行家であるベンは2人の計画に自らのコネクションを使って彼らのウォール街への挑戦を後押しすることを決意する。2008年、遂に、住宅ローンの破綻に端を発する市場崩壊の兆候が表れるー。マイケル、マーク、ジャレット、ベンの大勝負が始まる・・。

優良サイト一覧バナー

▼評価をお願いします!
悪質な株サイトだと思います。悪質な株サイトの疑いがあります。一般的な株サイトです。優良な株サイトです。間違いなく優良な株サイトです。 (1 投票, 評価平均値: 4.00)
Loading...
※評価はお済ですか?★の数が少なければ悪徳or多ければ優良となります。

コメントを残す